旭川市東光で歯科医院をお探しなら 「鈴木歯科クリニック」 まで。

医療法人社団 鈴木歯科クリニック

〒078-8356 北海道旭川市東光16条6丁目1-20

電話でのお問い合わせ 0166-32-2221

診療内容

予防歯科

予防歯科では、むし歯や歯周病などの口腔内の病気にならないように、歯のクリーニングなど口腔内のケアを行います。どんな病気や異常でも、最も大切なのは発生する前に防いでしまうことです。

歯の病気であるむし歯や歯周病・歯槽膿漏の原因は、歯につく汚れの中にいる殺菌です。毎日の歯磨きで、歯に付いた汚れをきれいに落としていれば歯の病気を防ぐことが可能なのです。しかし、日々の歯磨きでは全ての歯の汚れや菌を取り除くことは難しいものです。健康な歯や治療した歯を守っていくため、予防歯科ではご自宅でのホームケアだけでなく、歯科医院でのMTC(プロによる定期的な検診やクリーニング)をおすすめします。

ホームケア

せっかく歯を治療して、プロによる歯のクリーニングを受けたとしても、毎日のホームケアを怠っていては、むし歯や歯周病などの歯の病気を再発することに繋がってしまいます。予防歯科で一番の要になるのは、患者さまご自身が取り組むホームケアなのです。今までは歯磨き(ブラッシング)主流でしたが、近年ではさまざまなデンタルグッズが増えてきています。また丁寧な歯磨きはもちろん、食生活などを気をつけていくことも大切です。ご自身のお口に合ったものをしっかり選んで、効果の高いホームケアにしましょう。

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)の略。歯科医師や歯科衛生士といった「専門家による専門的な機械を使用した歯の徹底的なお掃除」のことです。お口の中を自分の目で見ることはできませんよね。鏡を使っても見える部分はごくわずかです。自分でわかりにくい部分だからこそ、第三者である専門家の目でチェックし、経過を見守ることが重要なのです。

PMTCでは、たばこのヤニやお茶、コーヒーなどのバイオフィルム(こびりついてしまった歯の汚れ)をやわらかいゴムのチップなどで剥がし取ります。自分では磨きにくいところや、歯磨きの癖であまり磨けていないところを中心に、クリーニングしていきます。ホワイトニングのように漂白するわけではありませんが、歯の表面を軽く研磨し、最後にフッ素を塗るのでむし歯になりにくく綺麗な状態を保つことができます。

歯周病

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患

歯周病もむし歯と同じく感染症です。回し飲みや回し食い・箸の使いまわし・キス・くしゃみなどでも感染します。プラーク(歯についた汚れ、歯垢など)の中の細菌によって歯肉に炎症が起きます。その炎症によって歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなり、さらに歯垢や歯石が溜まりやすくなります。
溜まった歯垢や歯石の中で歯周菌が繁殖し、やがては歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしていく病気です。日本人の30歳以上の約8割がこの病気にかかっています。また、日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられています。歯周病はある日突然、重度の症状が出るのではなく、気づかないうちに徐々に進行する病気です。重度になってから慌てて治療するのではなく、早い段階から予防することが大切です。

歯周病と全身疾患

近年では、歯周病が「全身の健康」に影響するのことが研究によって明らかになってきています。まず歯周病菌や炎症性物質は、深くなった歯周ポケットから歯肉の中に入り込みます。次に歯肉の毛細血管から大きな血管へ、そして循環で心臓に送られ全身に回ることになり、さまざまな全身疾患の危険性が高まるのです。

結果として歯周病患者は、脳梗塞・心筋梗塞などの循環障害などは3~4倍、早産(低体重児出産)は3~7倍の確率で危険性が高まります。その他にも、糖尿病・誤嚥性肺炎・消化器系疾患・認知症なども関連しています。 また、誤嚥性肺炎は口内の細菌が原因です。歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢者・認知症・脳血管障害・手術後などの食物の飲み込みをうまく行えない人は、特に注意が必要です。

むし歯

むし歯は菌による感染症

人のお口の中には300〜400種類の菌が生息していると言われています。その中のミュータンス菌とラクトバチラス菌、この2つの菌がむし歯を作り出します。これらの菌は、飲食物に含まれる糖分を栄養として粘着性の物質(歯垢)をつくり、酸を放出します。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし歯をやわらかくします。この柔らかくなった部分を一般的に「むし歯」といいます。

初期の段階であれば、唾液の力で修復が行われ(再石灰化)、元の健康な歯の状態に戻ります。しかし、間食をしたり歯のケア(歯磨きなど)を怠っていたりすると、お口の中が“歯垢が酸を放出しやすい環境”になってしまいます。結果、再石灰化が間に合わず、歯の表面が溶けて穴があき、むし歯は歯の内部へと進行していきます。 ごく初期のむし歯には自覚症状がなく、痛みやしみる症状があるとむし歯は進行しています。また、むし歯で溶かされた歯質は、むし歯が進行すると自然治癒できなくなってしまいます。まずはむし歯にならないよう丁寧なホームケアと、定期的な歯のクリーニングが重要になります。

むし歯の主な原因

  • むし歯になりやすい歯の質、噛み合わせ、歯並びである。
  • 糖質をよく摂取している。
  • 毎日のホームケア(歯磨きなど)を怠っている。
  • 丁寧に歯磨き(ブラッシング)ができていない。
    よって、長時間プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている。

審美歯科

健康的で美しい口元にしたい方へ

審美歯科とは、歯の美しさに焦点を当て、その人本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的とした総合的な歯科医療のことです。単に歯を白くするだけではなく、美しい歯並び・バランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体の環境づくりを行います。見た目の美しさはもちろん、歯ぐきとの調和や噛みやすさ・食事のしやすさなども考慮し機能性も重視した、美と健康を取り戻すための治療なのです。審美歯科の具体的な内容としては、インレー・クラウン・ホワイトニングや矯正などの治療法があります。

詰めもの(インレー)

詰めもの(インレー)とは、むし歯を削った部分に金属やプラスチック、セラミックなどで作られた詰めものを詰める治療法です。むし歯が小さく歯の神経を残すことができる場合に、むし歯の部分のみを削りとって、削った部分に詰めものをします。

被せもの(クラウン)

被せもの(クラウン)とは、むし歯を削った後に人工の歯を被せる治療法です。
一般的には「差し歯」や「被せ物」と呼ばれています。大きな虫歯や根管治療(歯の神経を取る治療)をした場合は、詰め物(インレー)ではなく被せもの(クラウン)による治療となることが多くなります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使って着色や黄ばみを分解して歯を白くする施術です。歯を溶かしたりするのではなく、ホワイトニング材の成分が着色物質を分解するので、自然な白さを実感することができます。また、歯を削ることも、人工的な素材を貼り付けることもないので、痛みや不快感なくリラックスした状態で治療を受けられます。「黄ばみをなくして本来の白さに戻したい」「白く輝く歯にしたい」「口元を気にせずに、自信をもって笑いたい」 …そんな方にはホワイトニングがおすすめです。

義歯・入れ歯

食べる悦びと正しい咬み合わせを取り戻す

義歯・入れ歯とは、失った歯の大切なかわりとなるものです。部分的に歯を失った場合は部分入れ歯(バーチャルデンチャー)、すべての歯を失った場合は総入れ歯(フルデンチャー)になります。いずれも歯を抜いた部分の歯ぐきの粘膜で咬む力を支える構造になっています。このため、口の中の形態を正確に型取りすること、また粘膜の状態に合わせて義歯を微調整し、精密に適合させることが必要となります。また入れ歯には保険適用のものと保険適用外(自費)のものがあります。
義歯・入れ歯以外の欠損補綴方法としては、インプラントやブリッジなどがあります。それぞれの特徴を理解し、患者さまのお口の状態を確認して、ご希望に合わせた最適な治療法を選択することが大切です。

部分入れ歯

部分的に歯を失った場合の治療法です。自分の歯の代わりとなる「人工歯」と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の「床(しょう)」、これらを残っている歯に固定するための「クラスプ(留め具)」から構成されています。

【保険適用】
樹脂の人工歯と床、金属のクラスプ。
【保険外(自費)】
目立たない白いクラスプを使用したもの、ノンクラスプ(留め具が無い)デンチャーなど。

総入れ歯

すべての歯を失った場合の治療法です。総入れ歯は、自分の歯の代わりとなる「人工歯」と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の「床(しょう)」から構成されています。 総入れ歯と粘膜の吸着力で維持させます。

【保険適用】
プラスチックの人工歯と床のみ。
【保険外(自費)】
セラミックの人工歯、金属床など、ご要望に合わせた素材の使用が可能。

インプラント

自分の歯のように噛める 「第二の永久歯」

インプラントとは、骨の中にネジのような形状のインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。元の自然の歯の状態を再現でき、「第二の永久歯」とも呼ばれています。インプラントの構造は、「アバットメント(支台部)」と「インプラント体(歯根部)」の二つに分けられ、この上に「人工歯」を被せます。

「インプラント体(歯根部)」は、人体との親和性が高いチタンで作られているので金属アレルギーの方も安心です。そして、天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機能性が回復します。インプラントにすることで、自分の歯とほとんど変わらない見た目や噛み心地で、会話や食事を楽しむことができます。

メリット

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 自分の歯を多く残せる
  • 自分の歯のように違和感なく噛める
  • 見た目が天然歯とほとんど変わらない

デメリット

  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身疾患の状態によっては行えない場合がある
  • 保険適用外(自費)
  • 治療費が高い

咬み合わせの治療

咬み合わせの悪さは全身に影響する

歯を失う主な原因は、むし歯・歯周病・咬み合わせや歯ぎしりなどです。矯正をして歯並びや咬み合わせを良くすることで、「歯磨き(ブラッシング)がしやすくなりむし歯や歯周病になりにくくなる」「バランスの良い咬み合わせで歯が長持ちする」などの効果が得られます。

子どもの咬み合わせ

咬み合わせの治療や矯正治療をはじめるタイミングは、おおよその目安となる最適な年齢は6、7歳くらいが多いです。治療そのものは何歳からでもできますが、出来るだけ歯を抜かずに顎の成長に合わせるのであれば、6・7歳がベストです。

例えば、歯がデコボコ(八重歯)の場合は大人になってからでも矯正治療できますが、どうしても抜歯や外科の手術を伴う外科矯正が必要なことが多くなります。また、上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)ような不正咬合では、顎の骨が成長している時期から矯正治療したほうが、良好な結果になることが多いです。

治療時期の正確な判断は矯正歯科専門医でないと分からないことが多いため、早めに相談だけでもしておくことが大切です。

大人の咬み合わせ

歯並びの乱れは体のさまざまな所に悪い影響を与えてしまいます。ですから、きちんとした咬み合わせにするだけで、全身の健康に繋がるのです。

例えば、一見関係ないであろう胃腸に負担がかかると言われており、肩こり、首痛、頭痛、姿勢の悪さなどを引き起こすこともあるとされています。また、歯並びを整えてしっかりと噛めるようになることによって、血流が良くなる・集中力や記憶力の向上・筋力が上がる・瞬発力が高まるなどの効果があることも分かってきました。

歯はこれからの長い人生、最後までずっと付き合っていく身体の一部です。大人になってからでも、きちんとした咬み合わせにすることで全身の機能向上に繋がります。

矯正治療へ

小児歯科

咬み合わせの悪さは全身に影響する

「子供の歯はいずれ抜けて大人の歯になるから、むし歯になっても大丈夫」などということはありません。子供の歯はエナメル質が柔らかいためにむし歯になりやく、子供の歯の時にむし歯になってしまうと、一生使う永久歯に悪い影響が出てしまいます。むし歯には早期発見・早期治療が重要になります。一生健康的な歯で過ごすことを目標とするなら、子供のうちにこそ歯医者・歯科医院に定期的に受診する「習慣」づけをしておきましょう。

もし乳歯がむし歯になったら

乳歯には、丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。また、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。
むし歯は感染症なので人から人へうつる病気です。むし歯の乳歯があるお口に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、永久歯もむし歯になるリスクは高まります。また、むし歯の乳歯があることで、歯並びが悪くなったり上手にモノが噛めなくなり、あごの骨の成長や知能の発達に影響が出てきてしまうのです。つまり、乳歯だからといってむし歯になっても問題ないとは言えないのです。

むし歯からお子様を守るポイント

・「感染源を除去する」 …
感染源となるお母さまや周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。
・「感染経路を断つ」 ……
むし歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用して、安全なスキンシップを心がけましょう。
・「抵抗力を強化する」 …
歯科医院での歯磨き指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ素塗布などを活用しましょう。

診療について

診療科目
一般歯科・口腔外科・矯正
インプラント・小児歯科
ホワイトニング
顎関節症・審美・入れ歯
診療時間
午前/ 9:00~12:30
午後/14:00~19:30
木曜/ 9:00~12:30
土曜/ 9:00~12:30
休診日
日曜日・祝祭日

当院について

医療法人社団 鈴木歯科クリニック

〒078-8356
北海道旭川市東光16条6-1-20

お問い合わせ 0166-32-2221

医療法人社団 鈴木歯科クリニック

一生口福 口福から幸福へ

〒078-8356 北海道旭川市東光16条6丁目1-20

0166-32-2221

診療時間
9:00~12:30
14:00~19:30
最寄りバス停「東光16の5」
このバス停を通過する路線一覧
電気軌道 1外東光・曙線外回り 20-0電気軌道 1内東光・曙線外回り 0-20
電気軌道 9-19東光16条5丁目線 21-19電気軌道 10東光3丁目線 9-9
電気軌道 11東光1丁目線 7-11電気軌道 33東光・近文線 13-0
電気軌道 72緑が丘・東旭川線 3-2緑数字は各便の便数